演技レッスンスタジオ サークファクトリー

コラム

ゆる〜く コラムを掲載しております。

質問、感想、取り上げてほしい議題など募集しています。(レッスン生でなくてもOK!)
Facebook、Twitterにも同時に配信するので、コメント欄にお気軽にコメントください。
Facebook、Twitterのフォローもしていただけたら嬉しいです!

 第7回「アクション」

こんにちは。
乾燥する季節になり、お肌のカサカサが増しクリーム塗りたくる藤家尚子です。
それでもプリント配る時は油分が足りず💦レッスン生に紙めくるのをお願いする始末…トホホ

現在演技クラス、オンラインクラスでは絶賛発表会の練習中です。
私の担当するオンラインクラスでも意見を出し合い話し合いながら
お互いのアイディアを活かし、少しずつ形にし始めております。
あとは当日のネット環境だけが心配…滝汗
念には念をしつつ準備に明け暮れております。

私は今回アクションの振り付けも担当することになりました。(←実は経験者チョキ
アクションは相手役との距離感が大事です。
相手に当てず触らず、
でも見ている人には本当に触っているかのように見せなければならないので、
近過ぎず離れ過ぎず適度な距離が求められます。
演技でも距離感は大事!
親しい人とそうでない人では距離感が変わってきますからね。

また、相手の動きをしっかり見ていないと怪我をしてしまうので
お互いアイコンタクト目をとりながら、テンポとタイミングを合わせたり信頼関係を結ばなければなりません。
自分勝手な動きは相手を傷つけてしまいます。

なおかつアクションは表現力が求められるので、演技でも使うスキルが諸々必要になるのです。

アクションを通して相手から受けるということを体感していってほしい!!
更なるレベルアップをレッスン生に期待していますアップ

それぞれのキャラクターも活かせるように✨
振りをつけていくのが楽しみです音譜

老体に鞭打って頑張るぞ~泣き笑い

藤家尚子

こんにちは。
藤家さっこです。
 
サークファクトリーの去年の発表会はクラスごとに15〜20分程度の台本を使って発表をしました。
90%の保護者の方には満足と評価いただき、
レッスン生の自信もついて演技力もびっくりするほど上達しました‼️
その発表会のアンケートと芸能関係者から頂いたご意見に
「長めのシナリオで作品を作ってはどうか」
というものがありました。
ハッ!
なるほど。
でも、う〜ん・・・・
どうするよ・・・
演技コーチの尚子と何度も話し合いました。
売られている子どもの台本ってめちゃくちゃ少ないんです。
だから今までは自分たちで台本を書いてきました。
でも書いてきたと言っても数分〜長くても20分程度。
しかもストーリーというよりはレッスン生にやらせたい演技を書いてきたのでかなりの自己流www
私は、どっちかというと、0からモノを生み出すより、
人のアイディアにアイディアを乗せる方が得意です。
長編のものを1から書くのは難しいから脚本家に書き下ろしを頼むことも考えました。
でもレッスン生のことを知らない脚本家にお願いするより
まだ私が書いた方が良くない?
と脚本執筆の勉強も改めてしながら書いてみることにしました。
 
8月にプロットを書き始めました。
9月はプロットを悩みに悩みに悩み
10月初旬にプロットがやっと完成。
(この時点で予定より1ヶ月おそいゴメンナサイ)
あとは書いているうちに登場人物が動き出してくれましたw
半分くらいは当て書き。
演出も私がするわけだから、頭の中でも舞台にレッスン生を立たせて、予算も考えてできること、できないことを考えながら書きます。
頭から湯気を出しながら、やっと書き上げることができました。
 
書いてて思いました。
やっぱり役者も台本書いてみるべき。
森を見て木を見る、木を見て森を見る、
両方やるので自分がどう演技するべきかが想像できます。
 
書き上げたものを見た大人のレッスン生に言われました。
🧒「超大作ですね!」
うん。
物語が壮大すぎてしまったかも。これ表現できるのか・・・
 
保護者の方に言われました。
👩‍🦰「すごく面白そうです!」
そう言っていただけると救われます
 
小学生のレッスン生にはこう言われました。
😊「先生、この役、オレをイメージして当てがきしてくれたんだよね?」
😸「うん。(正確に言うとWキャストなので2人をイメージして書いたんだけどね。)」
😠「先生、この役さ、世話になった人を裏切るじゃん、裏切るってことは、オレのイメージって裏切り者なわけ」
🙀「ち、ちがうよ!なんちゅうか本中華、君なら裏切るとかそういう難しい演技もできそうだなぁ、と・・・」
🥴「ホント〜?!」
当てがきしたなんて言うんじゃなかった・・・
そういうつもりじゃないのよ💦
やっぱり当て書きしてません(←おそい?)
 
さぁ、初めての試みの長編の発表会
本番は2月
稽古は12回しかできません😱
不安半分、楽しみ半分
発表会まで駆け抜けます🦿🦿
 
みんな(自戒も含めて)ぜったいインフルエンザにもコロナにもなるなよ〜
たのむぞ〜🙏
 
 
藤家さっこ

こんにちは。
食欲の秋紅葉真っ盛りの藤家尚子です。

サークファクトリーでは現在「オーディションに受かる虎の巻手裏剣」を毎月配布しており
前回私のコラムでもお話ししていました動画撮影携帯のポイントも配りました。
保護者の方からは「すごくタメになった」と喜んでいただきましたラブラブ

中には虎の巻を参考にして、実際に撮影した映像を見せてくれた方も飛び出すハート
アングルも目線も、もちろん演技もとてもいい仕上がりビックリマーク役のイメージ通りビックリマーク
その子は最終対面審査に進みました🙌
嬉しい報告に思わず私も小躍り音譜
「ドラマや映画に挑戦し始めて約2ヶ月でここまでこれたのは、今までの先生のご指導のおかげ様です!」とのお言葉まで✨
そう言っていただけると講師冥利に尽きます笑い泣き

さぁ、次は何の虎の巻にしようか藤家さっこと話していると
最近の宣材写真が気になる話にカメラ
レッスン生の写真を見ると、普段と全く違う雰囲気でらしくなく、繕った感じがあるんです。
事務所によってはカラーもあるし、写真を選ばせてもらえなかったりと、どうしようもない部分もあるかもしれません。ショボーン

本当はオーディションの役によって写真を変えられるように
宣材写真撮影でも衣装チェンジができるといいんですよね。
シンプルな服で1枚と
個性が出る服で1枚と…
決められた時間内での撮影では、それができなかったりするんですよね。

私も役者時代、ひどい宣材写真だったなぁ〜。。。泣
服のチョイスも髪型もホステスみたいで酷かったぁ〜w
過去の私のように受かりにくい宣材写真は撮ってほしくないびっくりマーク

オーディションによっては最近の写真を求められることもあるので
ある程度対策はできます!!

しかも目が笑ってなかったり、笑顔が引きつってたりするのは改善できます!!

というわけで、次回の虎の巻は宣材写真撮影のコツに決定しましたクラッカー
乞うご期待ですチョキ

新規入会者にも、過去の虎の巻を毎月1部ずつお渡ししていきますので

この機会にぜひぜひご検討くださいませラブラブ

藤家尚子

こんにちは。

お盆休み中、コロナ妖精、もとい陽性になってしまった藤家さっこです。天使

長男→主人→長女ときて、最後まで足掻きましたが、ダメでした・・えーん

サークファクトリーを立ち上げて13年。今まで体調不良で休んだことはない超健康人でしたが・・・

いや〜、しんどかったです・・。ならないに越したことないです。ゲホゲホ

諸所にご迷惑をおかけしてしまいました。お詫びいたします🙇‍♂️

さて今日は「国語力」についてお話ししたいと思います。

以前、レッスン生のママから嬉しいメールをいただきました。デレデレ

ニコニコ『塾でやはり国語の成績が良いです。(算数はかなり苦戦中笑)

さっこ先生の仰っていた通り、長年のサークレッスンで国語が鍛えられていたことを実感しました。

また、塾の説明会で話題になっていたのですが、近年入試で「アドリブ問題」なるものがよく出されるそうで、

例えばオリンピック競技の説明が文章で書かれていて、

「あなたは監督です。どうチームを指導しますか?また選手にどのような伝え方をしますか?」

みたいなものも実際出たらしいです。ちなみに国語です。

あと女子校の入試問題で、男性が主人公の文章を読んで、この男性の気持ちを答えなさいとかもあるらしいです。

つまり受験者は全員女子なんで、男の気持ちになってみたことがないという。

理科や社会も、受験範囲にないもの(新しいエネルギーなど)に関して出題され、実は文章をよく読めば簡単に答えがわかる、

いわば国語の問題らしいのですが、これ習ってない!ムリー!とならずに、文章を読み込む事が大事だそうです。

普通より1年遅れで始動した○○ですが、サークパワーで乗り切れそうな気がしています!』

(原文のまま) うちに通って「国語の成績が良くなった」という声は ありがたいことに本当にたくさんいただききます。ちゅー

ご存知の通り、2年前に見直しされた教育改革では知識・技能に加え、思考力・判断力・表現力が求められます。

大学入試の変化に伴い、高校入試、中学入試も変わってきました。メモ

なんといっても読解力が必要です。うちでは台本分析を見える化しています。目

台本を読み解く力は、文脈を理解する力、すなわち、テストなどの問題が

「何を求めているか」の視点で考えられるのです。脳みそ これができれば自然と他の教科の成績も上がるように思います。

またうちのレッスン生たちは

「具体化」と「抽象化」の行ったり来たりもさせています。左差し右差し

これもめちゃくちゃ大事だと思っています。

アドリブも鍛えているので自由でユニークな発想もできます。ひらめき電球

演技はまさにアクティブラーニング!

国語力を上げるのに、勉強の感覚ではなくでき、自然に身につくので

楽しんで国語力を上げられる最高のツールです!!

目指せ成績U P!! UPアップ

こんにちは!
藤家尚子です。

先日のオンラインワークショップ終了後、保護者の方からめちゃめちゃ嬉し〜いお言葉をたっくさんいただきました笑い泣き飛び出すハート

「今回もとても楽しく参加できました」「二日間 横で見守っておりましたが、とにかく貪欲に吸収しようとする姿に親としても驚いております!」
「1日目よりも話す時の表情などが少し深まり、成長を感じました」
「たくさんの勉強ができてまたワークショップに参加したい」
「本当にとっても楽しかったようです。朝からレッスンの時間を嬉しそうに待っていました。2日目は終わってしまった〜と残念がっていました。毎回素敵なレッスンをありがとうございます。」

などなどアップ

藤家さっこと打ち合わせを重ねまくって試行錯誤しながらレッスンプランを練り上げた甲斐がありました🙌

今回のワークショップでは、オンラインでの画面の使い方がもったいない方がまだ多いなと感じました。
下にカメラを置く方が多い!!
下から撮ると私のように低い鼻は穴しか見えないし二重顎も目立つんです!(あれ?私だけか?ガーンw)
カメラの目線を変えるだけで印象はガラッと変わります!

コロナが増加傾向になり、オーディションも動画審査がまた増えていくと思います。スマホ
台本の役のイメージ通りに動画が撮影できれば、審査は通りやすくなります。
キャラクターを読み解き、動画をいかにイメージ通りに撮れるかキラキラ

動画のいいところは何回も撮り直しができること。
ぜひ撮影したものを客観的に見て確認していただきたいですね。

動画撮影の仕方もレッスン生に「虎の巻」手裏剣
お伝えする予定です。
次のワークショップでもお伝えしていきたいと思います。
他にもお伝えしたいことがいっぱい照れ

次回ワークショップは冬か春に行う予定です。乞うご期待ルンルン

藤家尚子

こんにちは!
藤家さっこです。

現在サークファクトリーでは「オーディションに受かる虎の巻」を月末にレッスン生に配っていますデレデレ
レッスン中にも逐一伝えてきたことですが、その時たまたま欠席してたり伝えもれがあるかもしれないと、まとめることにしました。

先月の虎の巻は「オーディションでの自己紹介の方法」でした。
オーディションでは結構な頻度で自己紹介を求められます。
ポイントがあるんです〜ニヒヒ
ポイントは「○になる人になる!」笑
オーディションで受かった人たちや、今活躍している人たちはどんな自己紹介をして受かってきたのか、CMや映画など案件によってどうやって変えるか、などまとめました!メモ

今月は「台本の読み方」です。本
台本にも読み方、分析の仕方があり、これを掴めると読解力がUPします!国語の成績も上がること間違いなし!!サーチ

この後も「緊張した時どうするか」驚き
テレビでよく見る活躍してるあの子が、同じオーディションにライバルとしていた時、あーもーダメじゃん、絶対あの子にきまりだー!昇天な〜んて考えちゃった場合の気持ちの立て直し方とか笑
(これ、たまに子どもより親が思っちゃって、その気持ちを伝えちゃうことあります。そういうネガティブな気持ちってうつっちゃうのよね〜・・・)

「台詞の覚え方・勉強にも役立つ記憶力UP方法」など渡していく予定。あとはどんなのがほしいかなぁ??

レッスン生の皆さん、ご意見くださ〜い音符
もれなく入会する方にも渡していきま〜す!

私が脳科学や心理学で学んだり、専門家から聞いたり、論文や文献調べたりした、人間科学に基づいて書いているので、
結構効きます!!ちゅーキラキラ

まずレッスンを体験してみたい方は
夏のワークショップラブラブ地方の方向けにオンラインもあります!
たった2日間だけですが、ワークショップ後にオーディションに受かりました〜、なんて嬉しい報告もたくさんいただいていますデレデレ飛び出すハート

今年の夏はどんな出会いがあるかな〜船楽しみ〜ドキドキ
今からワクワクしていますっウインクラブラブ

藤家さっこ

こんにちは😄 サークファクトリーの藤家尚子です。 年中さんから小学校低学年までのリトルクラスを担当しています。 レッスンの時、レッスン生によく質問をしているのですが ある時こんなことを聞いてみました。 「いつも公園で遊ぶ時、一番始めに何をして遊ぶ?」 すると、「すべり台」と答えた子が圧倒的に多い!へ〜😳 次がブランコ。他にキックボードやなわとび、虫とり🐞などなど、公園の遊具にもよるようです。 走る🏃‍♀️という子もいれば、くるくる回るという子も。 くるくる回るといえば… リトルクラスあるあるで、レッスン前などくるくる回ってる子が何人かいて、不思議に思い調べたことがあります。
「回転することで三半規管が刺激されると、バランス能力だけでなく、落着き、集中力、感覚統合による指先の微細運動などの発達が促されるといわれています。 つまり、子どもたちは回転による三半規管への刺激がさまざまな発達にとって重要であると本能的に知っており、その本能に突き動かされて遊ぶ、と考えられるのです。」
本能からくる感覚探求だった!🤔 そういえば私が小学生の頃は公園や校庭の回転遊具が大人気で毎回取り合いでした。 老朽化やリスク回避などにより姿を消してしまいましたが 回るという行為は発達を促すためには必要な感覚だったようです。 実はサークファクトリーでも、三半規管を刺激して鍛えるメソッドを毎回行っています。 レッスンしながら発達を促し感覚に働きかけるだけでなく、演技にも役立つ! 刺激が刺激を呼ぶ⁉︎ まさに一石二鳥!いや、三鳥、四鳥以上⁉️ なんてお得✨ これからも本能を刺激しまくる、お得✨メソッドをどんどこ増やしていきたい❣️と思った出来事でした。 藤家尚子 (引用元:playscape| 子どもはなぜ、回転あそびが好きなの?)